もの書く猫

夢見の鳥 {Ⅰ} 

d0310274_235566.jpg




さあ、子どもたち、炉ばたにおいで。

今夜は、あのまぼろし谷にたっていた、お城の話をしてあげよう。

おまえたちも聞いたことがあるだろう。

霧が濃くたちこめる夕べには、谷に角笛の音が響きわたり、

そびえ立つアスケル山を背景にして、古いお城が姿をあらわす、と。

そうだよ、ティルダ。

おまえのお爺さんも、若いころ、たしかにその目で見たという。


 

むかしむかし、この島が七つの王国に分かれていたときのこと。

山脈にさえぎられた海風が、青い霧となって漂うこのあたりは、

ユングバルドと呼ばれていた。



 国王の居城には、つがいの鳥がすみついていた。

くじゃくに似た美しい大鳥で、千年の寿命をもつという。

そうとも、もちろん魔法の鳥だ。

黒鳥シグルは未来を見せ、白鳥オリグルは過去を見せる。


代々の王の、眠りの果実をついばんで。
 





**********

 剣を握りしめた手に、衝撃が走る。

ゴロリと男の首が落ちた。

その血しぶきを受けながら、こみあげる叫びを抑えるために歯を食いしばり、

喉に、嗚咽を閉じ込める。



 わななく手で剣を収め、血潮をすった砂地に膝をつくと、

いつのまに陽が落ちたのか、目の前が暗い。世界が暗い。

探り当てた生首を抱え上げ、その表情に瞳を凝らす。

死者のおもては、静謐な笑みを湛えていた。

 

絶望と孤独が、牙をむきだして、残された生者を呑み込んだ。
  




                             ***


若き君主、フレゼリク・ブランドレルは、びくりと肩をふるわせて、束の間のまどろみから目ざめた。

ひどく鼓動が速い。

総身に冷たい汗がにじみ出す感覚は、幼いころ熱病に悩まされたとき以来のものだ。
 

夢の余韻に圧倒されつつ、無意識にまさぐった滑らかな手ざわり――。

それが、膝にのった黒鳥の柔らかな羽毛と知ったとたん、釣られたばかりの鱒のようだった彼の心臓は、一

転、凍りついた。

漆黒の玉を思わせる、すべてを見通す鳥の目が、父王譲りの不屈の魂をおののかせた。
  

 
頭がはっきりしてくるにつれ、いま見たばかりの光景が、夢とは思えぬほどあざやかに脳裏に広がっていく。

思わず神の名を口にしたフレゼリクは、忌わしい幻影を追いはらうため、血が出るほどに唇を噛みしめた。

 



間近に人の気配がした。

「おやすみでしたか、陛下」

驚いて顔を上げた王の前に、常に影のようにつき従う青年、グィードが立っていた。

瑞々しい梨が盛られた盆を手にしている。


「お顔の色がすぐれぬようですが、お加減でも――」

案じ顔に問いかけた従者は、主君と、その膝の愛鳥を見くらべて、さっと表情を引き締めた。

「もしや、シグルが夢をお見せしたのでは?」

フレゼリクは青ざめた唇に、笑みをつくろった。

「いや、そうではない。シグルは喉が渇いているらしい。

それを訴えるために、私の膝に来たのだ。その見事な梨は、到来物か、グィード」

「はい、先ほどナタリア姫の侍女がお届けに」

「そうか、シグル、おまえは運が良いな。早速、収穫の分け前にあずかるがいい」




依然、もの問いたげな従者から顔をそむけ、フレゼリク王は、黒鳥のわき腹に象牙細工のような指先をうめ

て、再び目を閉じた。

いつわりや隠しごとは、もっとも嫌悪すべきもの――

端麗な外見からは想像できぬほど、剛直の気質を備えた王が、ゆるぎない信頼をよせる相手に、嘘をつい

た。
 

いかな彼にも、本人を前にして、真実を告げる勇気はなかったのだ。

たった今、夢の中で自ら剣を振るい、忠実な従者、グィード・カールフェルトの首をはねた、などと。

なぜなら、それは黒鳥が見せた夢、つまり、来たるべき未来であったからだ。
by jalecat | 2013-03-29 23:14 | 夢見の鳥